FC2ブログ

Happy Life 

建築家と建てた満足のいく家作りの過程からその後まで

Category [家作り ] 記事一覧

スポンサーサイト

登記 No,5 抵当権設定~住所変更

保存登記が終わり、さっそく銀行のTEL。なんとか期日までに終わりました。ローンの方お願いします!!というような連絡をした矢先・・・銀行から折り返しTELが・・・要は・・・表題登記と保存登記だけではダメ!!ということでした。抵当権の設定というのが必要なんだそうです。以前、土地の分はしたのですが、建物もしなくてはならないのだそうです。抵当権・・・聞き慣れない言葉です。昔モノポリーでそんなのがあったような気が...

登記 No,4 家屋証明&保存登記

次にしなくてはならないのは、保存登記です。保存登記は、『表題登記で申請した建物は、自分たちのものです』ということを証明するもののようです。こちらも申請人は2人で行う必要があります。前回の表題登記で、この言葉は何を指しているのかということが何となくわかってきていたので、申請書を作るのは前回よりも楽でした。保存登記にはもしかしたら自分が行けないかも・・・ということもあり、代理人用のものと2つ作っておきま...

登記 No,3 表題登記②

前回の表題登記の続きです。1月4日に完成するので・・・ということで窓口に提出したのですが、その際に「必ず取りに来る前に電話連絡をしてください」と言われました。つまり、その日に終わっていないということもあるんだそうです・・・そんなんでよいのか・・・?と思いつつも、まぁ仕方ない・・・と思っていた矢先に田村さんよりTel「建築確認完了検査を1月4日に受けることになりました。なので、書類一式が欲しいのですが...

登記 No,2 表題登記①

登記のこと・・・。まずは順番に表題登記から。こちらの目的は、『この場所(住所)にこんな建物(構造とか何階建てなのかとか)を建てます』という報告になります。こちらの表題登記ですが、事前に住所変更を済ませた方がよいようです。実際問題としては、まだ住み始めているわけではないのでおかしなことになるのですが、登記をする時には現在住んでいるところの住所を書く必要があります。しかし、登記が終わった後に住所変更を...

登記 No,1 そもそも登記って 

田村さんからは11月くらいから言われていました。「家の登記を始めてください」登記・・・。実は完成見学会に行ったときに、先に建てた方から聞いていたのですが、ついに自分の番になるとは・・・。要は、作った家を登録し、それが「自分のものですよ!!」ということを役所に登録するわけなんですが・・・結論から言うと、面倒くさいです。何が面倒かというと、役所の手続き。まぁ、そういうものだからと割り切ってしまえばよい...

上棟式

本日上棟式を行いました天気はあいにくの雨でしたが、K建設さんが屋根まで作ってくださったので、濡れることなく行うことができました足場を登り、2階へ。子ども部屋に入ってみました。こちらは子ども部屋から下をのぞき込んだ写真です。子ども部屋に必要なものを並べて、K建設の棟梁が仕切って上棟式をしてくれました。流れとしては、塩をまき・・・米をまき・・・水をまき・・・2礼2拍手1礼祝詞を読み・・・2礼2拍手1礼乾...

家の名前 後編

さて、前回の続きです。家の名前として提案されたのですが、①の日差しについては、似たような名前を色々と考えていました。最初の「どう住みたいか」の中で、陽だまりの中でごろごろしたい・・・というのがあったためです。前回「癒やし系」と書いたように、なんとなく優しい感じの名前がいいかなぁと思っていた部分がありましたので。どうでもよいですが、ルクプルの「ひだまりの詩」を思いだし、しばらくYoutubeで聞き入ってしま...

家の名前 前編

家の名前・・・たぶん初めての人はなんだろう??って感じですよね。田村さんのところで建てた家にはみな個性的(?)な名前がつきます。(詳しくは田村さんのブログをご覧ください)実際のところ、建て主さんの名前を言われるよりも「○○の家」という風に家の名前の方がピンとくる時もありますきっとその家に対する思いや特徴が家の名前として現れてくるからでしょうね。かなり前から「家の名前をそろそろ考えておいてください」と...

地鎮祭終了

今日は地鎮祭をしました。最近はやらない家もあるんですよ・・・という話も聞きましたが、一生に一度のことだし、せっかくなら安全祈願をしておいた方がよいと思い実施しました。(やらないで何かあったときに「あのときにしておけば・・・」というのもイヤなので)神主さんの方で全て用意してくださったので、何もせず・・・あっという間にこんな感じにできあがりました。基本的には・・・神様に降りてきてもらう神様に安全祈願を...

契約会

5月12日(土)に契約会がありました。うちは分離発注で建てるために、工事に入る業者の一社一社と契約を交わすことになります。簡単な打ち合わせと下見もかねて、まずは土地に集合。昨年度末に大規模草刈り作業をしたのですが・・・雑草の生命力は凄まじい・・・・すでに草が一面に覆われていました。これは来週の地鎮祭までになんとかせねば・・・と思っていると「どうせ土を掘り返して処分しなきゃなんだから、うちの方で草も...

見積もり結果・・・

本日打ち合わせに行ってきました。今日のメインは・・・各業者からの見積もり結果一覧確認。トータルでいくらになるのか・・・ドキドキでした一応、以前田村さんより、「だいたいこのくらいになると思います」というものをいただいていたのですが、その時点で実は最初の予算より400~500万オーバーでも、なんとかそれよりも200~300万くらい押さえたい。と言われていました。なので、最大オーバーになったとして・・・という心づもり...

分離発注

突然ですが・・・うちは分離発注で建てます。簡単に言うと・・・大工工事、基礎工事、左官工事、板金工事・・・etcそれぞれの工事を異なる会社に頼むということです。大手ハウスメーカーや工務店だと、そこの子会社(?)等にそれぞれの工事を任せるのでしょうが、その子会社や下請け会社そのものと建て主が契約をするということです。もちろん・・・住宅に関する専門知識はありませんので、細かいことは田村さんの方にお任せです...

生活の様子から間取りを

先日、田村さんがアパートに見えて、最初の契約までの流れの説明(といっても、だいたいのことは今まで話をしていたのでわかっていたのだが)を受けました。 むしろそれよりもうちに来た目的は2つ。 1つは、前回書いたようにどのような住まい方をしたいのかの確認。宿題が出ていた住まい方ベスト10について、細かく話をしました。それをもとにして設計をしてくださるそうです。 また、実際の生活の流れをたくさん話しました。...

どんな住まい方をしたいか

「どんな住まい方をしたいか」これが田村さんから出された最初の宿題でした。実際に住む家でどんな生活をするのか。具体的なものではなく、かなり抽象的でかまわないという話をもらい、かえって難しく考えすぎてしまった気もしました。また、いわゆる世間でいう家作りの常識にとらわれなくてもよいという話も受けました。その住まい方のイメージからそれぞれの人に合った間取りを考えていくのだそうです。「どんな住まい方をしたい...

契約

「長~い家」の訪問を終えて・・・やっぱり田村さんと一緒に家を建てようという思いが強くなりました。というより、それを再確認できました実は田村さんに話を伺いに行ったとき、今契約をしたとしても、実際に動き始められるのは半年後です。と言われていました。今まで土地探しや工務店探しでだいぶ遠回りをしていたので、半年という期間は正直その当時はとても長く感じましたでも、その半年を待ってもよい。と思えたのは、実際に...

ご案内

プロフィール

hide

Author:hide
ついに新居が完成。

これからは住み始めての記録。
家族がのびのびと生活できるということを念頭に置いて作りました。

満足のいく家作りができました。
その記録です。



コチラで子育てや旅行記録をたまぁに更新中・・・
↓↓↓
Happy Life!!


ランキングに参加中
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

ポチッとよろしくお願いします。

カウンター

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。